薬剤師転職歓迎。全職種募集中。福岡を中心に在宅・外来を行うきらり薬局の採用サイト

  • Contact us
  • 新卒エントリー
  • 中途エントリー
  • TEL:092-558-2120

ページのトップへ

会社概要

スタッフインタビュー きらり薬局で働く人のインタビュー。推したい項目は人それぞれ。


「恩師を訪ねて」櫻田教授×塩瀬真央

櫻田教授×塩瀬真央
Q01.まず最初にきらり薬局との関係性を教えてください。
櫻田先生「以前、大学の卒業生が私の教室に挨拶に来てくれました。頭をかきながら「学生時代は劣等生でした。」と話したその人物は薬局の経営者で、非常に熱い想いを持った人物でした。その人物こそが黒木君です。その話しぶりなどから人間関係などを創っていくのがうまいんだろうなと、容易に想像できたのを覚えています。学生時代を謳歌した学生が後に大きな事を成し遂げるという話は意外とよく耳にしますが、黒木君はその最たるものだと思っています。」
Q02.塩瀬君は先生の教室の出身ですが、学生時代の印象はどのようなものがありますか?
櫻田先生「一言で言うと努力家です。日曜日も学校へやってきて黙々と勉強をしていたのを記憶しています。私はよく学生に『努力は必ず報われる。報われないのはやり方に問題があるからだ。』と話すのですが、彼が国試に落ちたときは大きなショックを受けました。努力も、そのやり方も間違っていないと思っていたからです。しかし、今となっては彼にとって貴重な体験であり、良い人生勉強になったのではないかと思います。また、彼のパーソナリティもそれを糧にしていける人物だと確信しています。」
Q03.塩瀬君がきらり薬局に就職する事についてどう思われますか?
櫻田先生「当初彼は別の調剤薬局に就職を決めていたのですが、最終的にはきらり薬局に就職することに決めたようです。非常に頑固なので、自身の考えをあまり変えたりしないのですが、就職先を変えたことには驚きました。いつも学生には、就職先を給与で決めるのではなく、勉強ができる環境があるかどうかで選ぶようにアドバイスしています。その点、きらり薬局には勉強できる環境が整っているようで、彼に適していると感じます。若い内に勉強していただきたいですし、特に彼には臨床研究を行ってもらいたいですね。うちの研究室も使ってくれて良いですし、全面的に協力します。」
塩瀬「黒木社長と城尾さんと話すきっかけがあり、そのことも大きなきっかけなのですが、学生時代に櫻田先生のご専門である、疼痛および鎮痛に関する神経薬理学の研究のお手伝いができたことも大きいと思います。末期のがん患者さんの講演を聞いたり、仲間と研究に打ち込んで学会でポスター発表を行った経験が在宅という領域にスッと興味を持つことができたきっかけだと思います。実験は本当に楽しかったです。」
Q04.きらり薬局および塩瀬君に期待することを教えてください。
櫻田先生「きらり薬局の皆さんには時代に必要とされる、質の高い在宅医療を目指していってほしいと思います。塩瀬君には様々なことを期待しています。私の目には、経営者を目指しているようにも映ります。黒木君という経営者の背中を見ながら、勉強していってほしいと思います。彼なら大丈夫だと思いますし、将来的には黒木君を上回るくらいの人物になってほしいと願っています(笑)。

 

 

少しでも興味がわいた方はお話だけでもお気軽にどうぞ。
新卒エントリー中途エントリー